【ママサポしが】滋賀県のママを応援します。

滋賀県のママを応援する情報満載のサイトです

イベントカレンダー

明治5年創業の間違いない味!うなぎ専門店「逢坂山かねよ」の名物きんし丼!!

  • 2018年04月03日
  • ママレポ

おいしいウナギが食べたい!土用に行列のできるウナギの名店は数あれど、それとはちょっと違う話題のお店。一風変わったウワサのどんぶりを出すお店が滋賀にあるって知っていましたか?それが京都と県境の山間にある「逢坂山かねよ」です。

こちらの名物はうなぎ…なのですが、それだけでは話題にはなりません。ここでしか食べられないものがあります。それが「きんし丼」です。

その昔、せっかちなお客さんが当時のメニューなあった錦糸とウナギの丼をオーダー。しかし、錦糸卵を細く切る時間すら待ちきれず、卵焼きをそのまま乗せたウナギ丼を出したところ、それが大ウケ。これが後の「きんし丼」となったそうです。

きんし丼は肝吸い物(ゆば吸い物と変更可能)と、お漬物がついて2200円(税抜き)。上きんし丼、特きんし重もありましたが、私は普通のきんし丼にゆば吸い物をチョイス。

しばし、店内の窓ごしの見事な桜をまったりと眺めながら待ちます。4月上旬に行ったのですが、期せずして花見ウナギとなりました。

そしてやってきたきんし丼。まずは、存在感のあるあつあつ出来立てのだし巻き卵に箸を入れます。均等にうすい層が積み重なった分厚い卵の断面図は、以外にも一体感があり、ふわふわとろとろの食感。甘すぎる卵焼きが苦手な私でもイケる、ちょうどいい甘さの出汁の効いた卵の味。はふはふ言いながらタレのついたご飯と一緒に口に運ぶ幸せ…。

さらに、丼に乗った二切れのウナギの蒲焼に箸を伸ばします。ふわふわした身にパリっとした皮が絶妙。まったく臭みの無いウナギの味に感動。ウナギってこんなに美味しかったっけ?と、思うほど。もう臭みwithゴム食感のスーパーマーケット特売ウナギには戻れません!

丼ひとつですが、卵のボリュームもあり、お腹はこれだけでも充分満足でした!

食べる前は「桜がきれいだね~」と話していた私たちも、食べ始めた途端に「きんし丼」の話題で持ち切り。結局、帰りの車でも桜には触れられませんでした…。花見ウナギではなく、花よりウナギ。満開の桜をも霞ませる「きんし丼」おそるべしです!

逢坂山かねよHP


キーワード検索

人気記事

ピックアップ情報

ピックアップ情報一覧はこちら

お出かけママレポ

お出かけママレポ一覧はこちら

献立ママレポ

献立ママレポ一覧はこちら

子育てママネタ

子育てママネタ一覧はこちら