【ママサポしが】滋賀県のママを応援します。

滋賀県のママを応援する情報満載のサイトです

イベントカレンダー

「今日はテラスで何しよう?」セキスイハイム「うちそとテラス」のご紹介

  • 2017年11月10日
  • ピックアップ情報

◆まるで部屋のよう!室内とつながりを感じられる半屋外空間「うちそとテラス」とは?
今回は、強靭な構造のセキスイハイムだからできる、「うちそとテラス」をご紹介します

予定のない休日や、家事の合間のちょっとした空き時間。
ふらりと公園に出かけたり、最近できたオシャレなあのカフェにお茶しに行きたい!でも…
「最近寒くなってきたから外出がおっくうになってきた。」
「子供と一緒のお出かけ時に、急にお天気が崩れたらどうしよう。」
「家事もして見守りながら子供を外の空気の中で遊ばせてあげたい。」

そんな時は「うちそとテラス」に出て家でまったり過ごしませんか?
室内ではなく、かといって屋上でもない。
そんな特別なテラスでの、とっておきの過ごし方、ご紹介いたします。

まず、「うちそとテラス」ってなあに?

空間の一部を切り取り、半屋外空間とした活用スペースのこと。
その名の通り、「うち(=室内)」の持つプライベート感と、「そと=(屋外)」の開放感を兼ね備えた 柔軟で多用途に使える空間です。ひとりでくつろいだり、誰かと一緒に集まって過ごしたり。 用途と広さによって「ゆとり間テラス」と「つどいテラス」の2タイプをご用意しています。

 

ひとりをたのしむ「ゆとり間テラス」

POINT1. 電源があるのでパソコンもじっくり

仕事に集中したいときや一人で読書に耽りたい時は、開放感ある「ゆとり間テラス」で過ごしてみる。
外の空気に触れると気分も頭もスッキリ、素敵なアイデアが浮かぶかもしれません。
パソコンの傍らには淹れたてのコーヒー、雨音や自然の音を聞きながら過ごす「ひとり時間」は格別です。

 

POINT2. 果実を育ててお子様との学びの場に

キッチンの横にテラスを設けて、ミニ野菜やハーブなど料理に使える野菜を育てる。
収穫した野菜をそのままキッチンへ運んでくれる子どもたち。
お子様が小さいうちは季節ごとの植物でテラスを飾り、自然と触れ合える機会を増やすこともおすすめです。

 

POINT3. 風景をインテリアに 坪庭スタイル

本来、日本家屋の坪庭は、通風や採光を目的として生まれました。
眺めて愉しむ、そんな日本の心を大切にした粋な使い方も素敵です。

 

みんなでたのしむ「つどいテラス」

POINT1. 二世帯家族のセカンドリビングに

眺めの良い場所で自転車のお手入れやDIY を愉しむ。パターゴルフを愉しむ。
愛犬のグルームングやエクササイズなど、外でしたいけれど視線や天気が気になることも、できるだけ、気兼ねなく。

 

POINT2. 雨天でも結構できちゃう!

お誕生日パーティーやバーベキュー、天体観測。子供に体験させてあげたいことはたくさん!
でも雨が降ったり、遠出は難しかったり、トイレの清潔さが心配だったり…。
そんな時は「うちそとテラス」で家族だけのプライベート空間で特別な時間を過ごしましょう。

 

POINT3. お子様の見守りもゆったりと

天候や忘れ物を気にせず、また、不審者からもお子様を守りたい。
特にお子様が小さなうちは、我が家だけのプライベート空間「うちそとテラス」を公園がわりに。
室内用の滑り台や小さな砂場を持ち込んであげたら、そこはもう子供にとって安心で最高の遊び場所です!

あなたならどんな楽しみ方を見つけますか?
はじめよう!「うちそとテラス」のある暮らし。
お読み頂き、ありがとうございました。


「うちそとテラス」のステキなカタログご用意しています。
下記までお気軽にお問合せ下さい。

 

[セキスイハイム近畿株式会社]
電話番号/0120-056-816
営業時間/10:00~18:00
メール/mamasapo@sekisui.com(24時間受付)

セキスイハイム近畿ホームページはこちら
*ご来場予約やカタログ請求などはホームページからが便利です。


キーワード検索

人気記事

ピックアップ情報

ピックアップ情報一覧はこちら

お出かけママレポ

お出かけママレポ一覧はこちら

献立ママレポ

献立ママレポ一覧はこちら

子育てママネタ

子育てママネタ一覧はこちら