【ママサポしが】滋賀県のママを応援します。

滋賀県のママを応援する情報満載のサイトです

イベントカレンダー

積水ハウス守山展示場 スタッフレポ♪

  • 2016年11月22日
  • ママレポ

積水ハウス守山展示場の営業スタッフに、「ファミリー向けの商談」について取材してきました。

f

 

s14

営業の佐藤さん 14年目の37歳 7歳と1歳の双子の3児のパパ 趣味は読書(ワンピース)と野球のイクメン

s13

営業の大谷さん 9年目の31歳 趣味は旅行(おすすめはカンボジア)ゴルフにボート 最近ホットヨガを始めたそうです。

s16

営業の澤村さん 1年目の24歳 趣味は馬術(ー_ー)!!と写真 休日は大学の馬術部にコーチとして参加

s20

-小さな子どもがおられる家族へのおすすめポイントは?

佐藤さん「じゃあ・・・澤村くんから」

澤村さん「(・_・;) 僕が必ずお伝えするのはエアキスユニバーサルデザインです。まずエアキスというのは、化学物質の室内濃度を下げ、シックハウス対策としての役割も果たし、ご家族特に小さなお子様の健康に役立ちます。ユニバーサルデザインは、「安全・安心」+「使いやすさ」+「心地よさ」の3つの視点から住宅の部材や設計手法の開発に取り組み、誰にとっても快適でいつまでも愛着を持って暮らし続けることのできる住まいづくりをコンセプトにしています。」

s12

大谷さん「私はやっぱり収納とキッチンまわりですね。収納でいうと子どもの成長にあわせて当然荷物が増えるので、その人のライフスタイルにあった収納スペースを一緒に考えます。キッチンでは、やはり対面キッチンを希望される方が多いですが、実際にはリビングに向かって料理出来るのはいいのですが、出来上がった料理をカウンターに置いても結局自分でテーブルに運んで並べてる方が多くて、その都度カウンターをぐるっと回らなきゃだめなのでかえって不便な場合もあります。今流行ってるのが、カウンターキッチンの横にテーブルを配置する間取りだと、料理を運ぶのも、後片付けも便利なんです。そういう情報などもちゃんとお伝えするようにしてます。」

s19

佐藤さん「私は現在小学生の子どもと1歳の双子の子育て中なんですが、双子が生まれるタイミングで自社で家を建てました。なので自分自身の体験をお伝えしたり、積水ハウスという会社は今まで販売してきた住宅数では日本一です。その販売してきたお客様のアンケート調査のデータ数は莫大な量なんです。そのデータを元に研究:開発されている積水ハウスの家をまずは知ってもらう事。細かい事ですが、ドアの下の隙間の幅まで計算され数値化されています。そこに自分の体験なども踏まえてお伝えしてます。例えば安心して子供が外で遊べる環境であったり。家の前の道路が交通量が多いと親御さんは心配ですよね。なので、庭の面積を取ったり洗濯物を外で干すのではなく室内で干す為に、洗面場の面積を広く取ったり、または、浴槽自体を2階に作って、お風呂も洗濯も2階で済ませるのも1つです。私の家はそうしてます。」

s18

-この守山展示場での見所を1つ上げて下さい。

佐藤さん「キッチンまわりの収納ですね。子どもが小さいと大体みなさんリビングで子どもを遊ばせます。ですがリビングが散らかってると、お客様が来て急いで片づけるのも大変ですし、何よりくつろぐ場所なんでスッキリ使いたいですよね。」

s11

s10

澤村さん「僕は子ども部屋です。横の部屋と小さな扉で繋がっていて子ども同士でも使えますし、1つを親御さんの部屋として子どもとコミュニケーションを取るのにも良いと思います。」

s6

s3

見所満載の積水ハウス守山展示場。ワンランク上の提案を心がけています。


キーワード検索

人気記事

ピックアップ情報

ピックアップ情報一覧はこちら

お出かけママレポ

お出かけママレポ一覧はこちら

献立ママレポ

献立ママレポ一覧はこちら

子育てママネタ

子育てママネタ一覧はこちら